計測器のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、熱電対計測器に関する基本的な情報を公開しています。
起電力という原理を取り入れて、主に工業での温度を測定するために使用される道具です。
その構造面の仕組みから基本として知っておくべき冷接点補償に、校正の際に必要となる定点法に至るまでを網羅しています。
まずは基本を知りたいという場合は参考にすると良いでしょう。
また選び方についても触れているので、導入を検討している場合の役にも立つはずです。

熱電対温度計(計測器)とは

熱電対温度計(計測器)とは 熱電対計測器とは、2種類の金属を用いて測定する温度計のことです。
この世界には異なる金属を接続し、そこに温度差を設けると電圧が発生するゼーベック効果という仕組みがあります。
熱電対計測器はそれを応用したもので、使用する金属は銅に対してニッケルを含んだ合金や、プラチナとロジウムを加えたものなど色々です。
それぞれ対応できる温度が違ったり、特定の規格に対応するなど異なる特徴があります。
そんな熱電対温度計は基本的な構造がシンプルなので、比較的安価に済ませられるという強みがあります。
またシンプルさは耐久性の高さにも繋がります。
そして金属の組み合わせで測定範囲が変わるといっても、最も狭いものでも数百度という幅広さがあります。

計測器のうちの一つである熱電対の原理について

計測器のうちの一つである熱電対の原理について 熱電対は、2つの金属製の線を接触させることで回路を作り、接合点に発生した熱起電力の温度差を測定する熱センサーのことです。
工業用として使用されており、主に設備や機械、生産ラインなどの組み込みセンターなど幅広く普及しています。
他の計測器と違い、原理や構造が単純で耐久性に優れ、価格も安いのが長所です。
熱電対の原理は、ドイツ人科学者ゼーベックが2つの異なる金属をつなげた状態で、両方の接点に温度差を加えると金属の間に電圧が生まれ、電流が流れることを発見したのが始まりです。
このような現象を発見者の名前からとってゼーベック効果と名付けました。
この回路に電流を起こす電力を熱起電力と呼び、その極性と大きさは2種類の導体の材質と両端の温度差によって定まると確認されています。
そのため、導体の太さや長さは両端部分以外の温度には無関係です。
ゼーベック効果により、2種類の金属接合部の温度と計測器側接点の温度差によって電圧が起こります。
熱電対を使用して温度を計測する際、計測器でこの電圧を測定します。
組み合わせる金属の種類と両接点の温度に依存するものの、構成する2つの金属と形状や大きさは関係しないため、多くの温度検出端が開発されました。

計測器について詳しく知りたい

デジタルマルチメータ

新着情報

◎2020/9/8

比較法の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

基準接点補償計測器の測定方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 温度計」
に関連するツイート
Twitter