計測器のお役立ち情報がいっぱい!

熱電対温度計(計測器)の測定方法|冷接点補償

熱電対温度計(計測器)の測定方法|冷接点補償 2種類の金属を用いて測定を行う熱電対計測器は、その金属を通る電気を元に数値を出しています。
ただ電気を生み出す場合は、2つの極にそれぞれ異なる温度を与える必要があります。
その内比較的低い方を冷接点、高い方を温接点と呼びます。
そしてその2つの温度差は、計測結果を左右させます。
したがって温接点を計測したい方に触れさせるとしても、その比較対象となる冷接点の温度がわかっていなければなりません。
測定ごとに基準となる温度が異なっていると、測定結果に確実性がなくなってしまうからです。
基本的には基準を0度にして測定をしやすくするという考え方ですが、計測器の中の一部分を常に0度で維持し続けるのはまず現実的ではありません。
そんな時に活用するのが冷接点補償という測定方法で、別の計測器を用いて冷接点の温度を測定する内容です。
それとは別に0度の時の電気データも取っておいて、計算上で0度の時の数値を割り出していきます。

熱電対温度計(計測器)の選び方|測定温度

熱電対温度計(計測器)の選び方|測定温度 表面温度を正しく測定するためには正確に測定温度を測ることのできる計測器が必要ですが、その選び方に関しては十分に注意することが大切です。
長さや重さ、温度や量、気体や電気等目では見ることのできない数値を測るのが計測器で、自動車の排ガスや工事現場の騒音の測定等様々な場面で使われています。
計測器があるおかげで排ガスや騒音の調査や分析をすることができるのでとても貴重な存在ですが、その種類は豊富にあるのでどれが作業を行っている現場に合っているのかよく考えることが重要です。
今ではインターネット通販を利用して気軽に注文することが可能ですし、中古であれば安い価格で購入することができるので大変便利です。
超軽量やコンパクトタイプの物や最新鋭で使いやすい物まで品揃えも豊富なので、その中から良さそうな物を自由に選ぶことができます。
このように測定温度を測ることができる計測器は沢山販売されていて種類も色々あるので、購入を検討している人にとっては有難い限りです。

新着情報

◎2020/9/8

比較法の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

基準接点補償計測器の測定方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 方法」
に関連するツイート
Twitter